シミの種類を確認してみよう|改善したい場合は皮膚科がおすすめ

鏡を見る女性

レーザー治療でシミを消す

シミ治療において効果が高いと言われている方法にレーザー治療があります。皮膚科などで受けることが出来て、効果の早さと負担の少なさが人気を集めています。そこで、レーザー治療についてチェックしていきましょう。

頬を触る人

良い美容皮膚科を選ぶコツ

シミの治療に欠かせない美容皮膚科ですが、信頼できるところを探すためのポイントを確認していきましょう。シミ治療のためにも、医師の技術や値段などを考慮して選んでいくと良いですよ。

シミの基礎知識

先生

女性が抱える肌トラブルにシミがあります。いつの間にか顔に発生しているシミは非常に厄介な存在になるでしょう。そこで、シミについて詳しく見てみましょう。まず、肝斑とよく間違えられやすいですが、シミは形がはっきりしているという特徴を持っています。このような特徴を持っているため、顔に出来てしまうと目立ってしまいます。加えて、顔中のいたるところに発生する点も持っています。顔の左右対称に出来てしまうのは肝斑となっているため、シミと区別がつきやすいでしょう。そんなシミは紫外線の影響で顔に発生してしまいます。紫外線を大量に浴びてしまうと肌にあるメラニン色素が活性化します。その結果、色素沈着が発生してシミが出来てしまうのです。あと食生活の乱れも関係しているでしょう。最近は食の欧米化が進んでおり、肉やジャンクフード中心の食生活をしていたら、栄養バランスが偏ってシミを防ぐための栄養素を上手く摂取できなくなります。そうすることで、シミが発生してしまいます。外部的要素である紫外線だけではなく、栄養バランスも関係してくるので注意が必要ですよ。シミを防ぐためには、十分な紫外線対策をして健康的な食事を心がけることが何よりも大事でしょう。

シミにはいくつかの種類があることはご存知でしょうか。実は1つだけではないのです。シミの種類を確認してみて、自分の顔にあるタイプをチェックしてみましょう。まず1つ目に老人性色素班と呼ばれるタイプがあります。これは一般的に指しているシミのことで、多くの人はこれに当てはまります。老人性という名前がついていますが、主な原因は紫外線になります。このタイプは紫外線を浴びすぎると発生してしまうでしょう。日中に日焼け止めクリームを塗らなかったり、日傘をささなかったりしてきちんとした紫外線対策を行なっていない人は気を付けることです。20代の後半になると、この老人性色素班が目立ち始める場合があるので紫外線には注意が必要と言えるでしょう。次に炎症性色素沈着があります。これは上記の老人性色素班と異なり、ニキビや刺激によって肌の中で炎症が発生して現れるシミとなっています。ニキビができやすいとニキビ跡に悩むことが多いですよね。もしニキビ跡を放置していると、消えないシミとして顔に残ってしまいます。通常なら、肌のターンオーバー機能でメラニンが新しくなったら、元の状態に戻りますが、年齢を重ねてしまうとターンオーバーが正常に機能しなくなるので、この炎症性色素沈着が発生してしまうのです。そのため、ニキビができやすい人も気を付ける必要がありますよ。このようなシミは顔に発生することで有名ですが、実は顔以外にも発生する可能性が高いです。よく発生すると言われているのが背中や二の腕、デコルテの部位になります。顔に出来ると目立ってすぐ気付きますが、そのほかの部位にも発生していないか注目してみると良いですよ。そんなシミを解消していくのにおすすめなのが、皮膚科や美容外科クリニックに行って適切な治療を受けることです。皮膚科や美容外科クリニックでは、シミに特化した治療法がいくつもあるので、すぐに解消したい場合は利用してみましょう。

鏡を見る女性

カウンセリングが重要です

シミ治療のために皮膚科に行きますが、医師とのカウンセリングをしっかりと受けることが大事ですよ。カウンセリングを受ける際のポイントなどをチェックして、治療を受けていきましょう。